繁盛の秘訣?旬の野菜を仕入れて季節限定メニューを!

飲食店を経営していると目先の利益ばかりを追い求めるようになり、流行の商品だけを取り扱うようになってしまいます。偏ったメニュー構成となってしまい、幅広いお客様に来店をしてもらえません。繁盛店にする秘訣は旬の野菜を使った季節限定メニューを取り入れることにあります。メニュー構成が変わらなければお客様に飽きられることになってしまいます。旬の野菜を使ったメニューを多く構成することで幅広いお客様に来店していただけます。売り上げを向上させるきっかになります。なぜ旬の野菜を使ったメニュー構成が良いのかいくつかポイントを検討してみましょう。
1、季節を感じてもらえる
2、旬の野菜をたべることで健康増進につながる
3、スーパーでは取り扱っていない旬の野菜を紹介することができる
4、仕入れるルートは多く確保できる
5、毎年の楽しみと考えてもらえる

それぞれ具体的に考えていきます。
1、忙しい毎日を送っていると寒暖差でしか季節を感じることができません。メニューの端に今の時期でしか味わえない食べ物であることを豆知識として載せて知識と味を楽しんでもらえます。店内にも使っている野菜を展示しておくことでこだわりがあることをアピールできます。
2、肉や魚の方が好きだからとバランスが取れていない食事を取り続けると健康を害することにつながります。家庭とは違う食べ方を提案することも飲食店で食べてもらう理由になります。普段食べている食材を違う調理方法で提供することで、食育にもなり魅力を高めることができます。
3、一般的なスーパーでは見かけない業務用野菜の仕入れをして、お客様の注目を集める方法もあります。見たことがない物には手を出してもらえません。店長一押しメニューとして紹介をしたり、試食として一口づつお客様に提供するなど広める工夫が必要になります。知名度がない方が栄養価が高い場合もあります。アイディア次第で人気メニューにすることもできます。
4、旬ということは多くの場所で食材を入手できます。価格と品質からお店で提供する価格にふさわしいものを選択する方法が複数あることで仕入れ価格を引き下げることもできます。まずメニュー価格を決めてから仕入れ価格を決定すれば原価が高すぎて困る心配はありません。お客様目線で考えることが重要です。
5、リピーターのお客様にとって毎年の楽しみにもなります。この季節でしか味わえないものと感じてもらえれば、固定客を作ることができます。