根野菜の仕入れのポイントと注意点について

根野菜の仕入れのポイントと注意点について、その時期に旬を迎える素材を選ぶということ、これはとても重要です。今野菜は年間を通してスーパーでも手に入るだけに、季節を問わずに収穫ができる印象を与えますが、根菜にはそれぞれに時期があり、その時期に旬を迎えるからこそ、高い栄養価が宿ることになります。土の中でしっかりと根を張り、時期が来るまで長い時間をひっそりと、土の中でじわじわと成長をして、栄養を満タンにさせて食べごろを迎えます。

玉ねぎはどんな料理にも合う愛され食材、しかも血液をサラサラにしてくれる、美味しい上に健康にも良いとで、日本人為は愛するべき食材となっていす。玉ねぎの選び方として向かい合うときには、球がかたくてしっかりと締まっていていること、手で持った時には重みがあるものを選びます。中身の白い部分を食べるとしても、茶色の外皮が然りと感想をしていて、さらにツヤがあるタイプを選ぶと正解です。根が伸びていたり、頭から既に芽が出ていのと、素材的品質が落ちています。

今野菜では芋類の種類は多く、もちろん芋類もその時期の旬を入手することが大事です。家庭のメニュでも、カレーやシチューは大好評、そこに入るメインの野菜のはじゃがいもです。芋の中でもじゃがいもは、メニューに加えやすい上に、お腹にも貯まる種類です。じゃがいもは白い見た目にはわからないほど、たっぷりのビタミンCを含みます。じゃがいもを加熱すると、澱粉が糊状になりますが、そのおかげでビタミンCは保護をされます。ビタミンCは加熱調理には弱いとされますが、じゃがいもの場合は、加熱しても澱粉が働くので、ビタミンCの栄養が守られやすくなります。

女子に人気の芋野菜といえば、スイートなさつまいもが日本女子には大人気です。紅色のさつまいもには、あの黄色い美味しい部分に、たっぷりのビタミンCが含まれています。ビタミンCといえば柑橘類とイメージできますが、その柑橘類と同じくらい、さつまいもにもビタミンCは豊富です。さつまいもには、ビタミンEの栄養もたっぷり、そのため女子的にはエイジングケアにもなる、嬉しい芋だと言えます。

特有の滑りがあり、食べごたえも抜群なのが、さといもです。滑りの正体は、ムチンの栄養素がまさにそれです。ムチンの栄養成分は、体内の細胞を活性化させるので、体内老化を予防することにもなります。さといもは、煮物にも味噌汁にも美味しい食材です。