通年仕入れられるサラダ野菜とその特徴

毎日の食事に欠かせないものが、付け合わせなどの野菜になりますが、調理したもの以外にもそのままサラダとしても食べることができます。サラダ野菜にはレタスやキュウリ、トマトなど夏が旬な野菜も多くありますが、通年を通して仕入れをすることができるものもあります。サラダ野菜は生で食べてもいいですが、火を通して食べても美味しくいただくことができるので、一年中仕入れをできることはとても便利なことになります。このように通年仕入れをすることができるサラダ野菜には特徴があるので、基本的なものは覚えておくようにしましょう。
サラダ野菜にも旬の時期があり、本来はそれ以外の時期に仕入れることができないものになります。しかし、ビニールハウスなどの温室栽培をすることで、一年中野菜を栽培することが可能になっています。そのため、サラダ野菜以外にも根菜類や果物など多種にわたり一年を通して仕入れることができます。豊富な種類の野菜の仕入れなら業務用食材卸サイトが便利です。
まずサラダ野菜と聞いてイメージすることが多いものに、レタスがあります。レタスはキク科の一年草または二年草であり、キャベツのように丸くなっているのが特徴になります。食感はシャキシャキとしており、みずみずしいのでサラダには欠かせない野菜でもあります。レタスというと玉レタスを思い浮かべることが多いですが、リーフレタスやサラダ菜など形が違うものもあります。
レタス以外には、サラダに彩を加えるのにとても重要なトマトがあります。トマトは多年生植物ですが、日本では冬に枯死してしまう一年生植物になり、本来は暖かい時期以外には出回りません。しかし、温室栽培をすることで室温を一定に保つことができるので、冬でも食することができます。トマトにも大玉やミニ、ミディなど様々な大きさのものがあり、大きなものはカットして使用したり、小さなものはそのまま使用したりします。
きゅうりはウリ科のつる性一年生植物で、食べる部分は果実になります。周りは濃い緑色をしていますが、中は白っぽい色をしています。水分の含有量が多くとてもみずみずしく、独特の食感をたのしむことができます。サラダに使う以外にも味噌をつけてそのまま食べたり、酢の物などにして食べるなど調理方法は多岐にわたります。
このほかにも、水菜やブロッコリーなどサラダ野菜はたくさんあります。しかし、サラダ野菜に適したものもあり、それは灰汁が少ないことです。サラダは生で食べるものなので、えぐみなどが少ないものが好まれます。