【野菜の仕入れ】直売所で買うメリット・デメリット

最近は消費者も様々な経由で食品を購入できるようになりました。以前は魚は魚屋さんで、野菜は八百屋で買うというスタイルは少なくなり、今ではスーパーで何でも買えるようになりました。しかし、近頃は消費者側も食品の新鮮さや価格、美味しさなどを考慮して仕入先を検討するようになりました。特に野菜においては市場に行かなくても誰でも簡単に仕入れることができるのが、「直売所」です。しかし、「直売所」で買うのはメリットだけではありません。もちろん、デメリットもあります。それらを簡単に説明します。
まず、「直売所」のメリットは新鮮ということです。スーパーやデパートはあらかじめ仕入れておいたものを店頭に並べますが、直売所はその日に採ったものを店頭に並べます。そのため収穫後、数時間というものが多く、新鮮度が高いのです。また、価格も休めになっています。スーパーなどで売られているものは卸売を通しているので、その分、高くなっている場合があります。しかし、直売所は生産者がそのまま販売をしているので中間費用が発生せずに安く仕入れることができるのです。また、アウトレット品を購入できる可能性もあります。通常、スーパーやお店ではある程度、サイズが揃って形の良いものをおいていますが、野菜を生産する上で規格外のものは必ず出てきます。サイズが小さすぎたり大きすぎたり、形がいびつなものがあります。そのようなものは大型店などには出荷できない分、規格外として通常サイズのものより価格を休めにして売られていることもあります。見栄えは悪くても同じ製法で作られているので味に変わりはありません。そのため、そういうアウトレット品があると、新鮮で美味しい野菜を通常よりかなり安く仕入れられるのです。さらに生産者の顔が見えるというのも安心です。
逆にデメリットとしては直売所の場所がわかりにくかったり、入りづらいという点です。直売所は大抵、農家の多い田舎道にあることが多く、都会に住んでいるとなかなか行くことができません。また、行くまでに車を使うとなるとガソリン代や時間がかかります。また、スーパーのように温度管理をしているわけでもありませんし、並べ方も仕切りがあるわけではないので土埃をかぶったり虫が止まったりしている場合もあります。さらにスーパーのようにいつでも品揃えが良いというわけではありません。場所によっては朝の数時間しか営業していなかったり、午後に行くともう売れ残りの同じ野菜しかない場合もあります。
このように野菜の直売所仕入れにはメリット、デメリットがあります。
最近見かける野菜の仕入れサイトを使うことでうまく解決できるかもしれません。