【野菜の仕入れ】八百屋で買うメリット・デメリット

今の時代は八百屋で野菜を購入する方は少なく、スーパーで購入しているという方は多いでしょう。八百屋さんで野菜を購入したことがないという方は、いくつかのメリットがあるため、そちらを把握しておいた方が良いかと思います。
まず、スーパーで購入するよりも野菜が安いことのほうが多いです。スーパーの場合は、人件費や空調設備などの費用がかかるため、その分商品の金額が高くなってしまいます。一方八百屋さんでは、そういった費用がかからないため、その分金額を安くすることができるということになります。最近ではネットの青果仕入れ業者のように、一般的に流通していない商品を取り扱っているところもあるので、覗いてみる価値はあるでしょう。その地域のご当地食材を扱っているお店も多いようです。また、野菜の知識に特化しているため、商品の情報や、食卓に合ったアドバイスを直接聞くことができます。今日の夕食に何を作ろうか迷っている時などには、聞いてみると良いでしょう。他にも、ばら売りで売られているため、ほとんどの商品を必要な分だけ購入することができます。夕方になると、在庫を減らすために安売りをするところが多いため、節約をしたいという方は、夕方に安売りをしている八百屋さんを見つけることがおすすめとなります。また、旬の野菜も出回る量が多くなるため、比較的安く購入することができます。スーパーと違う点としては、試食を用意している所もあることです。美味しいものをその場で食べて選ぶことが出来きます。他にもメリットとしては、スーパーにはないコミュニケーションとなります。一対一でやり取りをするため、お客さんとの距離感が近く、何気ない会話をしている光景をよく見かけるかと思いますが、そちらも魅力のひとつとなります。
八百屋さんでもデメリットとしては、野菜や果物しか取り扱っていないため、スーパーで何でもそろえることができないという点です。他にも、スーパーでは綺麗にパックされていたり、袋に入っていることが多いので、冷蔵庫に入れやすいですが、八百屋さんではそのままでの状態の場合が多くなります。お店によっては野菜の質が悪かったり、値段が高めの所も中にはあるので、八百屋さんで野菜を購入する前には、値段と商品の状態をよく確認してから購入したほうがよいでしょう。人気の八百屋さんですと、お客さんが多く、商品がすぐに売れてしまう場合もあるので、行った時には購入したい商品がないという場合もあるので、その点は把握しておきましょう。