加賀野菜の特徴と仕入れる時のポイント

加賀野菜とは、江戸時代から金沢市を中心として栽培されていた伝統的な野菜のことです。
加賀野菜には、さつまいも、加賀太きゅうり、打木赤皮甘栗かぼちゃ、金時草などのよく知られているものから、加賀つるまめ、金沢一本ねぎ、源助だいこん、ヘタ紫なす、二塚からしな、加賀れんこん、たけのこ、せり、赤ずいき、くわい、金沢春菊という15種類のものがあります。
金沢の風土や気候に合った、個性があって独特の香り、色彩が調和し、味わいを作っている郷土野菜として、観光客だけではなく、地元の人々にも愛されています。加賀野菜の特徴として、品質がよいと判断したものにだけ加賀野菜ブランドシールを添付しています。出荷用の段ボールには大きなシール、小売店では小さめのシールを添付してアピールしています。
特に五郎島金時や金時草などは地元でもよく料理にも使われており、デザートとして購入していく人もいます。レストランなどでも仕入れられていることもあります。季節によって栽培されているものは違いますが、どれもおいしいと評判です。フレンチのレストランなどでも独特の味を利用して、個性的な料理を提供しているところもあります。
金沢ならではのものを購入したい、というときは、スーパーや八百屋などでも購入することができます。また、場所によっては即売所などもある場合もあるので、興味がある人は利用してみるといいです。野菜を購入するときのポイントは、やはり新鮮さです。即売所などでは採れたてのものを購入することもできますし、おいしいものをすぐに料理することができるのがいいです。また、生産者の人と直接話をすることができる場合もあるので、おいしい調理方法などを教えてもらうことができます。
スーパーなどでもおいしい調理方法を書いてある紙を置いてあったり、おすすめの調理をした見本などがおいてある場合もあるので参考にすることができます。
仕入れるときのポイントとして、いつ採れたのか書かれているもの、それ以外では加賀野菜であるという証明でもあるブランドシールがはってあるものを購入することが大切です。おいしくて新鮮なものをその場で購入できる即売所、便利でいつでも購入することができるスーパーなど、自分の都合によって使い分けることができるようになっているのがいいです。
人気が高いものなどは即売所ではすぐに売り切れてしまうので、もし購入したいときは早めに購入しておくと新鮮なものを見つけることができます。