飲食店経営者必見!野菜の仕入れについて知っておきたい事

健康志向の現代で飲食店を経営する時にもっとも注意すべきポイントは野菜の仕入れについてです。
一口に野菜といっても種類は勿論、その野菜が有機野菜なのか通常の野菜なのかで値段も変わってくるため提供する料理の質や量、設定価格さえも変わってきます。
そのため食材の仕入れ先は飲食店を営む上でもっとも重要なポイントとなっています。
まず仕入れ先と大きく関係してくる点がお店の出店先で、例えば野菜の産地である地域でお店を出店する場合仕入れ先候補として真っ先に周辺の農家が挙がり、交渉もしやすいので入手先として有力な候補になります。
しかし特に名産物もない場所で出店する場合は農家へ交渉する事が発生する経費の問題もあって、入手方法が困難を極めてしまいます。
解決方法としては農家が栽培している野菜が個人経営のお店に卸されている可能性があるので、そのルートで食材を購入するという手段が挙げられます。
直接購入するわけではないので、若干購入費用が高額になる傾向がありますが美味しい食材を確保できるので飲食店が繁盛する確率が非常に高くなります。
注意点としては農家や個人経営のお店で購入して食材調達を行う場合、閉店等で入手ルートが途切れてしまうと食材が手に入らなくなってしまいます。
そのため農家から直接購入するという点をセールスポイントにして食事を提供する場合は、必ずいくつかの仕入れ先を確保しておくようにし、そのいずれのルートでも入手が困難になった時に備えて業務用食材を販売しているお店をいくつか仕入れ先候補として用意しておくよう強くお勧めします。
業務用青果の仕入れに強いネット業者もあるので、うまく有効活用したいところです。
この様に無農薬や産地直送の野菜を使用という点を売りにして食事を提供すると、食材入手先の都合や天候等の影響で確保できなかった場合一気にセールスポイントが無くなる事もあり、その状態が長期化すれば客足が遠のく可能性もあるためメニューを決める際には慎重に行うようにしてください。
以上の点を踏まえた上で個人経営の飲食店を経営する場合は、近くの業務用食材を販売しているスーパーや一般のお店等で購入する方法を選択するのが良いです。
しかしもう一つ食材の仕入れ先を確保する方法として卸売り業者を取引するという方法があります。
この方法は食材入手を請け負ってくれる業者を探す手間が非常に大変ではありますが、一度確保してしまえばよほどの天候不順ではない限り野菜を入手してきてもらえるので非常に便利です。
また自分で仕入れ先の大元を探す必要がないため、人材を割く余裕がない中小企業にもお勧めできる方法です。
卸売り業者を探す手段としては、地元の電話帳で調べるなどして連絡してみると請け負ってくれる業者がいるのでそこへ連絡してみましょう。
しかしこの場合も万が一野菜が手に入らなかった場合に備えて必ず別ルートで入手できるような環境を整えておく事が必要です。
そして卸売り業者を利用する方法と似た入手方法として挙げられるのが、食材の宅配サービスを利用するという方法です。
宅配サービスを提供している企業の多くは定期購入特典で安くなるサービスを提供している事も多く、定期購入にしておけば仕入れの購入申請をしなくても自動的に配達してくれるのでお店経営の手間を省く事ができます。
この方法だと産地直送の野菜を手に入れる事も簡単な上に、出店地域から遥か遠い地域の食材でも入手する事が可能なので非常に便利です。
反対に宅配業者が食材を入手する事になるため、卸売り価格で販売されているほとんどなく食材購入費用が大幅にかかる可能性があるという欠点があります。
しかしインターネットや電話等で簡単に仕入れる事が出来る点は大きなメリットでもあるので、予算と相談した上で決める事をお勧めします。
そして宅配業者と似た方法として挙げられるのがオンラインショップによる購入です。
最近では大手通販サイトの出店サービスに数々の卸売り業者が食材を出品している事が多く、インターネットで簡単に検索できる事も相まって非常に機動力のある食材入手ができるようになっています。
また通販サイトの多くはポイントシステムを採用して、次回購入時にそれを利用する事で食材を安く購入できるというメリットがあります。
ただ欠点としては通販で購入するという都合上食材の鮮度等が生で確認できないという点がネックで、何回か注文してみて鮮度の高い状態が維持できているのであれば利用を継続するという形にしたほうが安全性という面でもお勧めです。
尚一部通販サイトで出品しているお店の中には仕入れに関しての問い合わせ窓口を用意している業者もあるため、そちらに連絡して仕入れ交渉をしてみるというのも良い方法です。
この様に野菜の仕入れは健康志向の現代において飲食店を出店する上で非常に重要な要素となっているので、できるだけ安く新鮮な野菜が入手できるような手段を継続して利用できる仕入れ先を確保するようにしてください。

最新投稿