冬野菜の特徴と仕入れる時のポイント

冬野菜の特徴とは、まさに寒い時期に本当に、美味しさと栄養がマックスを迎えています。年間をとしてなにかの食物は収穫をされていますが、空気も凍える時期には、寒さにも打ち勝つようなビタミン類を豊富に含む、そんな冬野菜が目白押しです。厳しい寒さを人間が通り抜けられるように、その助けとなる栄養が満点であり、寒い時期を健康で過ごすような栄養を満タンに含んでいます。

大根などは根菜類としても、寒い時期に最も甘みを増す種類です。夏場に口にすると、いささか独特の辛味が強調をしますが、気温が低くなって本格的に寒時期に入れば、夏の時期とは比べ物にはならないほど、実に自然の甘みの美味しさが引き立つ、それが寒時期の旬の大根です。すりおろして頂くにはこれほど格別な時期はありませんし、寒い時期には大根料理何かと大好評です。

白菜もまさに冬の日本料理には欠かせない野菜、実は白菜はビタミンCがかなり多く、カリウムの栄養素も豊富なものです。気温が下がり空気が乾燥をすると、人間は風邪をひきやすくなりますし、インフルエンザも大流行をします。その対策にはビタミンCの栄養が大活躍をするので、寒い時期の白菜メニューの多さは、納得の出番というわけです。日本の鍋料理には、白菜が欠かせはしません。

仕入れる時のポイントは、正しく寒い時期にしか収穫できない種類であり、その時期の旬の美味しさを十分に含んだ野菜を入手することです。時期の種類と混ざっていろいろな野菜がありますが、手に入れるのは寒時期に最も美味しさをます、冬に本当の旬を迎えて栽培している食物です。

同じくこの時期に旬を迎えるのは、薬味などでも大活躍をする長ネギです。メインディッシュでバリバリと食べるものではないものの、ささやかながら、寒い時期の人間の健康を支えてくれている一つです。もちろんそのままいただくこともできますが、多く場合は薬味での稼働率が多いです。

薬味だけではなく、鍋料理に味噌汁に加えるなど、幅広い活躍をするのも長ネギです。長ネギは少しいただくだけでも、人間の体を温める効果があるので、寒い時期にはピッタリです。アリシンは長ネギの辛味成分、肉体を温めてもくれますし、体内でのビタミンB1の栄養吸収をアップさせてくれます。

冬には白くて丸みを帯びた、株も旬を迎えます。白い部分だけではなく、葉っぱの部分も調理には活かすことができます。かぶの葉の部分には、ビタミンAやカリウムも多いためです。