鎌倉野菜の特徴と仕入れる時のポイント

鎌倉野菜とはどのようなもののことをいうのかというと、温暖な気候を利用して栽培されて、地産地消されてきた野菜のことです。
鎌倉市の西側の内陸部を中心に生産されており、最近ではテレビやネット、雑誌などでも特集をされるほど人気が出てきています。鮮度が高くてそのまま口に入れてもおいしい、というのが鎌倉野菜の特徴です。農薬の減少にこだわる農家さんも多いので、新鮮でおいしい野菜を食べることができるということで、県外の方にも人気が高いといいます。
ただ、その農薬をあまり使っていないということを売りにしているのではなく、一度食べてみたらそのおいしさがわかるという自信を持ってすすめることができるのが鎌倉野菜です。
鎌倉野菜の種類は100種類以上あり、よく知られているものでは、色の珍しい物だと白ナス、緑ナスなどがあります。ほかにも、アイコ、コールラビといった名前だけではイメージの湧かないものもたくさんあるので、実際に手にとってみると、どんな風に使ったらいいのか迷ってしまうときもあるといいます。そんなときは購入したお店で料理について訊いてみるのもいいです。
鎌倉野菜を購入できるもっとも有名な場所はどこか、というと、鎌倉駅にほど近い場所にある、鎌倉市農協連即売所です。通称で、れんばいと呼ばれている即売所で、たくさんの人がいつも見に来ています。
毎朝新鮮なものを生産者から購入することができるので、直接生産者の顔を見て購入することができる、というのもこの即売所が人気のポイントだといえます。地元の人や観光客だけではなく、なかには都内のレストランから直接仕入れに来ている人もいるほどです。
この即売所は昭和3年から続けられている歴史のある場所で、生産者にとっても購入者の顔を見て売ることができるということで、生産者と購入する人のコミュニケーションの場所としても役立っています。
仕入れるときには生産者に今日のおすすめや料理をするときのコツなどを訊いてみるのもいいです。おいしい野菜をさらにおいしく食べるためには、生産者に訊いてみるのが一番です。
新鮮なので水分があるものやまだ苦味があるものなどもおいしく口にすることができるように、おいしいものをさらにおいしくすることができる料理の方法を知るように工夫をするのもそれぞれの特長を生かすことができるポイントだといえます。難しい料理ではなく、あえてシンプルに作ったほうがおいしく食べることができるものもありますし、生産者のおすすめ料理を作ってみるのもいいです。