伝統的な地方野菜を仕入れてメニューに取り入れよう

伝統的な野菜はいろいろなものがあって、地方によってそれぞれ違いがあります。
伝統的な野菜の特徴は、その気候によってその味やその時期に採れるものが違うというものです。その地方によって採れる野菜が違ってそのときだけしか採ることができない場合もあるといいます。
伝統的な野菜を使った料理をするのは、その採ることができる時期だけという場合もあるので、いろいろと作ってみるといいです。
たとえば、仙台の曲がりねぎは強い香りが特徴で、とにかく柔らかくてとろけるような舌触りがいいということで人気です。また、甘味と深いコクも特徴だといえます。長崎の長崎白菜は、葉が巻かないので一般的な白菜よりも柔らかく、独特の風味があります。青森の大鰐温泉もやしは昔ながらの土耕栽培でほのかな土の香りがしています。シャキシャキとした歯触り、独特のうまみもあって、おいしいと人気があるもやしです。それから京都の畑菜は葉が鮮やかな緑色になっており、茎もとても柔らかくなっています。そして、ほうれん草や小松菜に比べると栄養価が抜群に高いといいます。
これらの野菜を使っておなべにすると、おいしくていろいろな地方のものを口にすることができるので、贅沢で温かい料理を口にすることができます。地方によっていろいろなものをおなべに入れて食べることができるので、冬だけのとてもおいしい料理になります。
ほかにも、京都の聖護院かぶ、奈良の宇陀金ごぼう、秋田の山内にんじんなどを使っておいしいポトフを作ることもできます。ポトフは洋風のおなべのようなものですが、それぞれの地方によってその時期にしか採ることができないものも多く、おいしいポトフを贅沢に野菜を使って作るというのもいいです。
京野菜の仕入れにも食材卸サイトが便利です。
京都の聖護院かぶは千枚漬けとしても有名です。大きさが日本一あるかぶといわれており、直径20センチ以上、重さは4キロにもなるのですが、かぶ特有の風味もあり、甘味があり、歯切れがよいのでおいしく歯ごたえのあるものを食べることができます。奈良の宇陀金ごぼうは香りがよくて肉質が柔らかいので、太い方がより柔らかいと感じることができます。雲母を多く含む土壌で育っているので、付着している雲母が金粉をまぶしたように輝くということでこの名前をつけられたといいます。秋田の山内にんじんは長さ30センチ以上、肩が張ったように肥大するその大きさ、太さがあるということでも知られています。肉質は締まっていて、硬く煮崩れしにくいということでポトフや煮物などにもぴったりです。