葉物野菜を仕入れた後に新鮮さを長持ちさせるための保存方法

葉物野菜はとくにすぐに鮮度が落ちてしまいがちです。
葉物野菜の鮮度を保つ保存方法ですが、野菜の酸化や乾燥を防ぐためにジッパー付きの保存バッグなどに入れます。
ジッパー付きのバッグに入れることによって、におい移りを防ぐ効果も期待することが出来ます。
野菜の仕入れは迅速にするのが鉄則です。
葉物野菜は基本的には育った状態で置くのがベストです。
葉物野菜の場合は葉先を上にしてたてて収納するようにしましょう。
温度についてはそれぞれの野菜によって適温があります。
青菜類(ほうれん草、小松菜など)は葉先を上にして立てて置きます。
軽く霧吹きをしてクッキングペーパーなどに包んでからジッパー付きのバッグに入れて、冷蔵庫に入れましょう。
牛乳パックなどを利用すると安定して立ちます。
キャベツの丸ごとの場合は、芯の部分を包丁でくりぬき、くりぬいた部分に水で濡らしたペーパータオルを詰めましょう。
ジッパー付きバッグに入れて、芯があった方を下に向けて冷蔵庫に入れます。
レタスも丸ごとの場合は芯をくりぬいて、クッキングペーパーを芯に入れてジッパー付きバッグに入れて、芯があった方を下にして置きます。
白菜はカットしてしまった場合は、ジッパー付きのバッグに入れて乾燥を防ぎ、通気もさせたいので口の一部分だけを開けて冷蔵庫に入れます。
丸ごと保存する場合は新聞紙でくるんで冷暗所で保管します。
ちなみに葉物野菜を冷凍することも可能です。
キャベツやレタスなどは冷凍には向かない葉物野菜なのですが、下処理をすれば冷凍も可能になります。
青菜類(ほうれん草、小松菜など)は、さっと茹でてから水気を切ります。
適当な大きさに切りそろえて小分けにしてラップに包みます。
金属トレイなどに並べて冷凍室へいれます。
凍ったらラップに包んだままジッパー付きのバッグに移して冷凍庫に入れておきましょう。
解凍する場合ですが、おひたしや炒め物に使用する場合は電子レンジで半解凍します。
味噌汁などに入れる場合には凍ったまま加熱調理します。
冷凍庫に入れておける期間の目安としては2週間程度で使い切るようにしましょう。
キャベツや白菜は細切りして茹でたのもか、塩もみして水気を切ったものを小分けしてラップに包みます。
金属トレイなどに並べて冷凍室に入れます。
凍ったらジッパー付きバッグに移して冷凍します。
解凍は凍ったまま加熱調理に使用するか、塩もみしたものをサラダに使用するときは自然解凍させましょう。
期間の目安は2週間程度で使い切るようにしましょう。