夏野菜の特徴と仕入れる時のポイント

夏野菜の特徴として年間を通して、この時期ほど栄養価が高い実りの時期はないと言えます。真夏は非常に暑くて、人間のいつもよりも多くの栄養素を必要としています。その人間の求める栄養を、この時期の食物は持っているという、実に不思議なことがあります。バテやすい人間の肉体に必要となる、豊富な栄養素が詰まっている宝庫です。

今の時代はハウス栽培もできるため、真冬でも収穫はできます。しかしハウス栽培の食物と天然の時期の食物を比較した時に、含まれる愛用家の高さには、歴然として大きな差が生じることになります。同じように同じだけ食べたとしても、季節の暑い時期に収穫をされた方が、不思議なくらいに豊富な栄養に恵まれています。

気温の上昇をする時期に収穫時期を迎える野菜には、豊富なカリウムと水分を含む種類が多くあります。夏は人間の体も熱をこもりやすく、脱水症状にもなりやすい傾向がありますが、この時期収穫の食物には、それを守る働きをする要素がみなぎっています。たっぷりのカリウムや水分を含有することから、人間の体内にこもりやすい熱を、自然とクールダウンをさせることになります。

夏は栄養が不足をしやすいものの、この時期の野菜にはその時期に必要な栄養が宝庫となって含まれています。歯科sも生で食べられる種類が多く、きゅうりやトマトには水分も栄養も実に豊富です。水分も栄養も足りない時期の人間の体には、食べて水分がたっぷりの食物が美味しいと感じますし、体の中の不足も同時に補うことができます。

代表的なこの時期ならではの夏野菜では、やはりキュウリやトマトはトップバッターでありますし、沖縄料理でも有名なゴーヤ、ツヤのあるピーマンや、油との相性もよいナスも食欲を掻き立ててくれます。夏野菜の特徴としては、色彩がとても濃いということ、含有する栄養価が非常に高いということです。

仕入れる時のポイントは、夏野菜という旬の食材の品質がよいかどうかです。季節的にも植物は元気に成長をする時期ですが、その反面ですぐに期限も来てしまう時期です。新鮮な状態であるかどうか、フレッシュな状態であること、見た目の生き生きした状態、これは決め手になります。求める状態をクリアしていなければ、同じようにお金を出すにしても、価値が全く違ってきます。品質の高さを重視すること、季節柄野菜も駄目になりやすいので、できるだけ新鮮である、イキイキ食材でなければなりません。