足の早い野菜と仕入れ時のポイント

足の早い野菜は鮮度が命、とにかくフレッシュな状態を入手したら、できるだけ鮮度の良い状態を維持できる冷蔵保存をして、早く使い切ることです。家庭での利用では使い切るだけ入手して、保存の状態にも工夫をして、早く調理に回すことです。鮮度が落ちると味も落ちていきますが、本来の高い栄養素もどんどん低下をしていきます。そもそも栄養をたっぷりと食べるために入手をするので、鮮度が良いうちに調理に使うことは鉄則になります。

特に葉物野菜類は、どんどん鮮度が駆け足で落ちていきます。保存のコツを覚えておくと、フレッシュな状態を保持しやすくなります。収穫をされた時から、酸化や乾燥の影響を受けているので、保存ではそれらから守ります。例倉庫での保存をする時には、ジッパーが付いている保存バッグに入れて冷蔵庫へ入れること、するとニオイも周りには移らないで済みます。

育った状態での保存をすること、これもフレッシュな状態を維持しやすくなります。葉物野菜の場合などは、立てて収納をすること、葉っぱの先を上にして冷蔵庫へ収納をするのがコツになります。

全部の種類が冷蔵庫で快適保存とはいかないので、それぞれの種類に適している温度と場所で、保存をするようにします。

小松菜やほうれん草などの、青菜類の場合は、冷蔵庫での保存が向いています。あらかじめ葉っぱの部分には、霧吹きで水分を与えておき、周りをクッキングペーパーで包みます。それからジッパーのついている保存用バッグに入れて、冷蔵庫の中で立てて保存をするといいです。牛乳パックをカットして、そこに保存バッグごと、縦に立てて入れても良いでしょう。

幅を取りやすいキャベツも、冷蔵庫での保存が適しています。芯の部分はくり抜き、ペーパータオルを濡らして、くり抜いたところに詰めておくこと、保存バッグに入れて保存をしましょう。

野菜の中でもカボチャをまるごと保存をするならば、冷暗所での保存をします。カットをしたカボチャの場合は、食品ラップで周りを包み、冷蔵庫での保存をすることです。玉ねぎも冷蔵庫ではなく、通気性が良い冷暗所での保存で大丈夫です・

仕入れ時のポイントは、とにかく新鮮なものを入手して、早く使い切ることです。かぼちゃやジャガイモのように、比較的時間にも余裕が持ている種類ではなく、葉物野菜などは特に時間との戦いであるため、フレッシュであることが命だと心得ましょう。その必須条件を守ることで、良い状態での入手をすることが可能です。